五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

サティで「千円五分刈り」

2018年11月20日
火曜日
くもり

 朝、寒くて起きられず(リビングではストーブもつけられていて十分の暖かさだった)、7時半までベッドの中にいた。
 テレビは日産自動車のゴーン会長逮捕に集中。それにしてもけた外れの報酬をどう考えたらいいのか。
 今の老生にとっては「地獄まで持っては行けまいに」ぐらいの感想しか浮かばない。

 相変わらずガスで腹には膨満感。

 午前中、サティに行き散髪。本屋で家人の買い物を待つ。
 老生と同じようなジーパン、あるいは綿パンにジャンパー、防寒着、帽子のお年寄りが目につく。家に身の置き所がないのだろうか、と、ふと思ってしまう。
 お歳暮売り場はかなりの人出だった。

 午後からはテレビ、ラジオでウラウラ。
 「スペイン奇想曲」がかかっていた。
 しばし、往時を偲ぶ。

秋大で22日に大腸検査


2018年11月19日
月曜日
くもり

 午前8時半、秋田大学医学部付属病院へ。
 さる14日に血便(色は赤く下痢状)が出て、その後15日には色はどす黒く粘りっ気がありそうな便が出た。16日は普通にもどったという経緯がある。
 受付であれこれ聞いて手続き。消化器内科の診察を受け、22日に大腸検査を受けることになる。
 採血、腹部レントゲン撮影。
 思っていたより早く正午前には帰宅。

 いろいろ思うこともあるが、これは思っても致し方あるまい。粛々と手続き通りやっていくしかない。

 

家人、高齢者の運転講習会

2018年11月16日
金曜日
くもり

 家人、免許書き換えの前段階の高齢者安全運転講習会。
 午前9時半開講だというので同9時、家人が運転して(少しでも実地運転に慣れておくため)秋田モータースクールへ。
 ところが、開講は10時半。一時間の勘違い。
 サティへ行き100円ショップで時間をつぶす。そのご、スクールまで家人を送り、老生はいったん帰宅。

 午後零時半に迎えに行く。どうやらうまくいったようでやたらと饒舌うだった。

久しぶりに「チェロ協奏曲」


2018年11月14日
水曜日
はれ

 終日在宅。

 自室で音楽鑑賞。といえば格好いいが、偶然ラジオで流れていたドボルザックの「チェロ協奏曲」をうとうとしながら聴いただけである。

 最近はどんな曲でも「ここちいい」だけでいいと思っている。
 ついでに「ちあきなおみ」をかけてみる。

 午後、散歩に誘われたが遠慮してパソコンにeclispeを再導入した。

甥が秋田赤十字を退院


2018年11月13日
火曜日
はれ

 「砂上の楼閣」とか「積み木崩し」とかいう言葉が頭に浮かぶ。
 PCの復旧を一日中やる。
 のんべんだらりとテレビを観て過ごすよりはいいか。

 秋田赤十字を午前中に退院したと角間川の甥より家人に報告があったそうだ。退院するとき30万円近くの金額を請求されたそうだが、労災ということで手付金3万円を置いてきたそうだ。

 五柳庵のフロントページというのを作ったが、いまさら何も書くこともないので目次リンクを並べただけにした。

 ラ・フランス、キウイ、リンゴのジュース。それにエンシュアという栄養ドリンク。一日に一升以上の水分を取らされている。これはかなりの苦痛だ。しかし、これを苦痛と言えるだけ恢復してきたともいえる。

 

「軽々と」と「軽々しく」

2018年11月12日
月曜日
はれ

朝のテレビで女子スケートで

//
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯は10日、広島県立総合体育館で女子フリーがあり、16歳の紀平梨花(関大ク)が2本のトリプルアクセル(3回転半)を決めるなど154・72点を出し、5位だったショートプログラム(SP)との合計224・31点で日本勢として初めてGPシリーズデビュー戦で初優勝を決めた。
//

というニュースをやっていたが、解説者が「軽々しく跳んだ」とノタマワった。
これはやっぱり「軽々と跳んだ」であろうな。
そこで失われたddwinという辞書ソフトを入れ、広辞苑で調べた。
(何しろ前回のPCの乱で削除されてしまってたので)

//
かる‐がる【軽軽】軽く見えるさま。かるそうなさま。たやすそうなさま。かろがろ。「―と持ち上げる」「―とやってのける」
//

//
かるがる‐し・い【軽軽しい】形 かるがる・し(シク) 身分が低そうである。源鈴虫「いにしへのただ人ざまにおぼしかへりて、今夜、―・しきやうに、ふとかく参り給へれば」
いかにも手軽である。源松風「いと―・しきかくれが」_軽率である。源末摘花「やつれたる御歩(あり)きは、―・しきことも出で来なん」。「―・い振舞はするな」 ↔重重しい
//

重箱の隅をつつくような話だが、細かいことが気になるんです。

午前中、家人の甥を秋田赤十字病院へ見舞い。イオンモールで≪頭陀袋≫を衝動買い。2000円だった。

ようやくPCの嵐収まる


2018年11月11日
日曜日
はれ

 終日在宅。
 相撲福岡場所始まる。
 九州場所というと思ったら福岡場所というのか。

 わがパソコンの≪嵐≫もどうやら収まった。
 11月3日にUBUNTUのバージョンアップというのに手を付けたのが躓きの始まりだった。ネットの変更でシステムがうまく動かなくなり、新たに18.04に入れ替えた。
 ネットの設定やワードプレスの入れ替えで試行錯誤の連続。自分ではしっかりバックアップを取っていたつもりだったが、入れ戻しがうまくいかずこれもまた「盛ったりまけたり」の状態。
 そして9日、WIN10の方もキーボードの動きが怪しくなり、さらにマウスも暴走するようになった。さまざまできることはやってはみたが、原因は分からず初期化した。
 削除されてしまったソフトを入れ戻したり、設定をやり直したりと復旧に苦労した。

 ということで後は細かいところを直していく作業。

 弱り目に祟り目。
 改めて益なき事は、改めぬをよしとするなり。

 シュトルムウントドラング(Sturm und Drang)ですよ。
 (疾風怒濤」と和訳されたために「嵐と大波」という意味で理解されることも多いが、ドイツ語から直訳するならば「嵐と衝動」が正しい、のだそうだ)
 世の中、知っていて知らないことが多すぎますよね。