五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

お巡りさんが『巡回連絡』

2019年7月20日
土曜日
はれ

 最近は起床が早くなった。午前5時に目を覚まし、6時にはベッドから出ている。主な理由は老人特有の排尿の間隔の短さにある。その上、眠りが浅い。

 午前中、マンションの排水管の洗浄で業者が10分ほど作業する。
 その後、交番のお巡りさんが『巡回連絡』にくる。「詐欺」に気をつけるようにとのこと。

 高校野球の準決勝2試合をテレビ観戦。

 午後3時、家人の要請で河辺まで卵を買いに行く。VERを連れて行く。
 帰宅して相撲を観る。一敗できた横綱白鵬が元大関琴奨菊に破れ二敗となる。

 北村薫の『八月の六日間』を読む。

 しばらく何をしていたか、というと……。
 性懲りもなくUBUNTUを弄っていた。
 何回もインストール、アンストールを繰り返した。「偏執オトコ」か「認知症ジジイ」だね。

『太宰治の辞書』を購入

2019年7月10日
水曜日
はれ

 午前中、家人の要請でドン・キホーテへ。ブックオフで『太宰治の辞書』(新潮社)を購入。
 ついでにポータブルCDの電源を探すが、4.5ボルトのものは見つけられず。
 
 『ブルボン朝』読了。眼をしょぼしょぼさせながらしばらくぶりに《本読んだ》という実感。
 
 午後3時すぎ、VERを連れ高清水公園へ。睡蓮が咲いていると新聞に載っていたのを思い出していってみたのだが、池は干あがっており涼しげな光景というわけにはいかなかった。

VERを連れ河辺の卵屋へ

2019年7月9日
火曜日
はれ

 午前中、居眠りと読書。
 『ブルボン朝』を読み継ぐ。寵姫・ポンパドール。ルイ16世とマリー・アントワネットアメリカ独立戦争ラファイエットルイジアナ
 
 午後、VERを連れて河辺の卵屋までドライブ。教養大学の周りをぐるりと回り帰宅。

同期生に著書の礼状出す

2019年7月8日
月曜日
はれ

 午前中、御所野イオン。
 途中、同期生が送ってくれた著書「日本百名山」(自費出版)に対しての礼状はがきを投函。
 イオンの館内を歩いているうちに咽喉が詰まる。自力で痰を排出。

 スターバックスのガラス窓に
 

f:id:yama0108:20190709112048j:plain


 が貼ってあった。
 最後の行の≪Cultivar:Geisha≫が気になった。
 ウィキぺディアによると

 /*
ゲイシャ(英: Geisha)は、コーヒーの最高級品種(スペシャルティ・コーヒー)のひとつであり、市場に現れたのは21世紀になってからと歴史は浅いが、世界で最も高価なコーヒー種と言われる。“ゲイシャ”という名は、エチオピアにある原産地の村名に由来し、日本の芸者とは関係ない。
*/


 それにしては人騒がせな!
 
 『ブルボン朝』を読み継ぐ。

 

VERを連れて千秋公園へ

2019年7月7日
日曜日
はれ

 午後3時すぎ、VERを連れて千秋公園へ。
 
 『ブルボン朝』を読み継ぐ。
 知っているつもりだが、実は知らないということは多い。アンリ4世についてはバーソロミューの虐殺やナントの勅令など、旧教と新教の改宗の繰り返し、その実何にも知らなかったんだなあ。

 

『ブルボン朝』を読み継ぐ

2019年7月6日
土曜日
はれ

 午前中、『ブルボン朝』を読み継ぐ。

 夕方、VERの散歩で三角沼へ。沼と運河の接点の草原でネジバナが咲いていた。国花苑のそれと比べるとかなり色が薄い。

 

佐藤賢一『ブルボン朝』購入

2019年7月5日
金曜日
はれ

 午前中、御所野のイオンへ行く途中、久しぶりに畑の中の道を通った。
見事だったのがタチアオイだろう。咲き方がスポンジのようなフワフワで赤と黄色がずらっと並んでいた。

f:id:yama0108:20190709103751j:plain

 種を取るためのネギ坊主か。

f:id:yama0108:20190709103936j:plain

 何という草の花か?

f:id:yama0108:20190709104517j:plain

 本屋で『ブルボン朝 フランス王朝史3 (講談社現代新書)』(佐藤賢一・972円)を購入。

f:id:yama0108:20190709104129j:plain



/*
カペー、ヴァロワ、ブルボンと続くフランス王朝の歴史を描けるのは、この人しかいない! ブルボン朝の歴史を描く「フランス王朝史」シリーズ第3弾。ついに完結。
*/

というわけで「待ってました!」とばかりに購入した。久しぶりに読むのが楽しみという心境になった。