五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

床屋

菊谷小路床屋からサティへ

2018年7月17日 火曜日 あめ エディターの「メリー」というのがあるが、これのマクロがjavascriptで書けるというので不思議に思っていたが、調べてみたらブラウザで使われているJavaScript エンジンというものを使っているという。たとえば…

2か月ぶりに五分刈りに

2018年3月19日 月曜日 はれ 午前9時半、菊谷小路の床屋。 五分刈りにする。 1月19日以来。 2か月の間があると、老いたりとはいえ、かなりの長さになる。 「すっきりさっぱり」。 その後、ドン・キホーテへ。家人の買い物を2階のブックオフで待…

ついに冷蔵庫を購入

2018年1月19日 金曜日 はれ 先日の「頑張る」は広辞苑ではどうなのか? /* がん‐ば・る【頑張る】 【自五】(「頑張る」は当て字。「我に張る」の転) ①我意を張り通す。「まちがいないと―・る」 ②どこまでも忍耐して努力する。「成功するまで―・る」 ③…

床屋で坊主から裾刈りへ

2017年11月29日 水曜日 くもり 最高気温が15度。暖かく感じた。 午前9時半、菊谷小路の床屋。 家人が口を出し、「裾刈り」となる。頭の脇の方だけを刈り上げた、ということ。 家人の兄が頭をそのようにしていた、というのが家人の言い分。 帰りに…

一分刈りで白い頭に

2017年10月10日 火曜日 くもり こさめ 午前零時すぎに目が覚める。 VERも起きてくる。そしてこういう時だけ甘えて抱けという。 未明の思いはいつも「最悪を予想していれば、心おのずから閑なり」に返る。 午前7時、改めて起きる。 霧掛け痰取り…

菊屋小路の床屋へ

2017年8月18日 金曜日 はれ 午前4時半、起床。 霧掛け・痰取り。 9時半、菊屋小路の床屋へ。 帰りに川尻の100円ショップに寄りペンライトと電池を買う。 茨島のペットショップ、同じく生協、サティと寄る。 帰宅して昼食。昼寝。高校野球をテレ…

菊谷小路の床屋へ

2017年7月3日 月曜日 あめ 午前中、二ヶ月ぶりに菊谷小路の床屋。 怪我は治ったという。 帰りに家人の指示で「生鮮市場」へ。

楢山の安い床屋へ

2017年5月24日 水曜日 はれ 午前9寺すぎ、床屋へ行こうと思って家人に「菊谷小路の床屋」に電話してもらう。ところがあのお兄いさん、手に怪我をしたとかで2週間の休みだという。 家人の提案で楢山の安い床屋へ行く。どうやら流れ作業でやっている…

菊谷小路の床屋へ

2017年4月11日 火曜日 くもり 風強し 午前10時、菊谷小路の床屋へ。 その足で「サティ」へ。 家人の買い物を車の中で待つ。風が強く、時折車が《身震い》する。 ここ数日、のどの具合がおかしい。13日の診察に向けて《おかしく》なっているのかし…

一日2回の外出に挑戦

2017年3月10日 金曜日 はれ くもり 午前7時、霧掛け・痰取り。 体調、芳しからず。 午前9時45分、菊谷小路の床屋へ。老生が運転。 その後、保戸野のスーパーによって帰宅。 昼食後、家人、買い物に行きたいと言い出す。 一日に2回の外出はいわば…

菊谷小路の床屋へ

2017年01月27日 金曜日 はれ 午前7時、起床。 前日に続きワードプレスの調整。 午後1時、菊谷小路の床屋へ。 高校時代、小バスを吹いていた奴が聖霊高校の3年生に恋をして、名前を忘れたがこの小路にあった甘いもの屋でデートしたと「告白」されてうらや…