五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

「涙が川になるまで泣け」

2020年8月17日
月曜日
くもり こさめ

 午前中、サティ。
 『読む数学記号』(角川ソフィア文庫瀬山士郎)を購入。

 夕方、ようやく『商品の発送準備ができましたので、お知らせいたします
』というメールがケイエスワイから届く。注文したのが12日だから準備ができたという通知が6日後というのは実に悠長だ。よっぽど腹強い会社なのか。

 『井上ひさしの日本語相談』を引っ張り出してきて拾い読みする。

 ジュリー・ロンドンのクライ・ミー・ア・リバーの意味が分からない。
 どうやら「涙が川になるまで」のニュアンスらしい。

/*
Now you say
今更言うのね

You're lonely and you cried the whole night through
"寂しくて、一晩中泣いたよ” って

Well, you can cry me a river
じゃ、私の前で泣いてよ

Cry me a river
涙が川になるまで泣いてみせて

I cried a river over you
私はあなたのことを想って さんざん泣いたんだから
*/