五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

登熟の匂いが車に流れ込む

2022年9月15日
木曜日
はれ

 何か眼科に行ったことでひと仕事を終えたような気になり、ゆっくり寝た。
 朝の「霧掛け痰取り」で躓き、取れない痰カスが喉に詰まり死ぬ思いをする。首を絞められて殺される人間が失禁をするというのを経験する。
 
 windowsとubuntuの連携ということで色々やってみる。結果、sshは可能、ついでにRemmina、vncもやってみた。いずれもうまくいった。まあ、そんなに使うチャンスもないだろうけど。

 西の空にうろこ雲が浮かび、稲の登熟の匂いが車の窓から流れ込んでくる。秋だなあ!
 本日から長袖のシャツを着る。