五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

うつうつまはる水ぐるま

2022年10月13日
木曜日
くもり はれ

 相変わらず気温は上がらず。
 家人も寒いということを実感したのか、電気ストーブを出してくる。

 終日在宅。
「うつうつ回る水ぐるま」というフレーズ、誰かの詩にあったなあ。
 答え『寂しき春 室生犀星 大正7年「叙情小曲集」所収』。
//
したたり止まぬ日のひかり
うつうつまはる水ぐるま
あおぞらに
越後の山も見ゆるぞ
さびしいぞ
//

 昔むかしの話だけれど、三畳ひと間の下宿でこの詩を読んで慰められたことがあった。だけどなんでこんなことを思い出しているんだろう?