五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

白い色で青い目の縁のサギは

2020年4月27日
月曜日
はれ

 白い色で青い目の縁のサギは


/*
・亜種オオダイサギは越冬のため北方より渡って来るサギで、県内においては冬鳥的な存在。亜種チュウダイサギと入れ替わりに現れる感じになる。
 腿(もも)※が汚れた薄黄色で、冬から春先にはそれが踵(かかと)から下の部分にまで及ぶ。夏の状態は不明。
*/

f:id:yama0108:20200428002550j:plain

http://takibi-club.a.la9.jp/bird2/sagi-2.html

にある。

 また、ゴイサギ?とあるのはどうやらササゴイのようだ。


/*
 羽が「笹(ササ)」のような模様になっていることが名前の由来。
ゴイサギに似ていますが、上記の模様や、目の虹彩の色が黄色い(ゴイサギは赤い)ところが違います。
*/

 午前11時少し前に、家人が買い物に連れていけという。急遽、茨島のモール・マックスバリュへ。

                          f:id:yama0108:20200428002713j:plain

 秋田放送の電波塔のフェンスわきにワルナスビの実が萎びて風に吹かれていた。名前通り鳥も食わないほどまずいのだろう。今や根っこだけで繁殖しているのだろう。