五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

家人は買い物、老生は本屋

2020年6月22日
月曜日
はれ

 午前中、サティ。
 家人は買い物、老生は本屋を覗く。

 思いついてphpの本を引き出してくる。妙に懐かしい。

 痰の吸い上げ機械のチューブが変わったせいか、うまく行かない回数が多くなった。夕方、どこかが傷ついたのか赤い血が出る。家人がそれを見てぶつくさ言う。
 言ったってせんのないことなのに。
 こっちだって出したくて出しているわけではない。