五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

朝はやくヒヨドリの声

2021年7月1日
木曜日
はれ

 朝早くから目が覚め、仕方なく自室で本を読んでいたら、昨日と同じくヒヨドリの鳴き声がする。ベランダに目をやると1羽で、長鳴きせずに飛び去った。近くに伴侶がいるかと思ったが、その後鳴き声は聞こえなかった。

 午前中、御所野イオン。

 短歌パラダイス―歌合二十四番勝負 (岩波新書・小林 恭二)を引っ張り出して読んでいたら『降り立ちてきのふのことはきのふとすゆめの曠野ゆ来たりし火车(ほおちえ)  紀野恵』という短歌が出てきた。「ほおちえ」とはいったい何のことやら。

  大町5丁目の電柱に巻き付いたノウゼンカツラの花が咲いた。まだポツポツという感じ。

f:id:yama0108:20210702022321j:plain

 

 VERは風通しのいいところで老生を見張っている。

f:id:yama0108:20210702022356j:plain