五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

センバツ、由利工は初戦敗退

2018年3月24日 土曜日 はれ

これまであきた歳時記はスキャナーで拡大コピーを取り、それをOCRで読み込み、訂正加筆していた。プリンターの印刷ができないので拡大コピーはもちろんできない。 しからばどうしたらいいのか、考えた。

結果、まずスキャナーで「写真」として読み込む。写真編集ソフトで読み込み、加工して保存。 それをOCRで読み込む。 手間がかかるようだが、OCRにかける段階で質のいい「原本」が得られるので、時間の点では以前よりも速いとさえいえる。 まさに窮すれば通ず、というところか。

終日在宅。 朝からセンバツ野球、由利工ー日大三を観戦。 強豪に対してどれだけ戦えるか? 0―5と、なかなかの善戦だった。

相撲は鶴竜の8場所ぶり優勝が決まる。

ということで、なかなか疲れる一日だった。