五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

ドンキへビールを買いに


2021年7月17日
土曜日
はれ

 枕頭で宿業というものを親鸞はどう捉えていたのだろうか、と考える。
 例の喜ばなければならないものを喜ばせぬのは『宿業』だというところだ。
 決定論では時間軸に沿って展開していく。ちょうどファスナイーが閉じていくように。
 凡人にとっては決定論は救いではある。特に年寄りにとってはいろいろなことは『お前のせいではない』という慰めになる。

 「ビールを買わなくては」。何をどう思ったのか、家人が買いに行くという。ドン・キホーテへ。買うものもなく(体調も良くなかったので)車の中で待つ。

 帰宅してアイスクリームをVERと一緒に食う。VERにとっては最中クリームの最中の部分がご馳走だ。