五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

術後3日、新聞の文字が可能

2022年10月28日
金曜日
くもり

 終日在宅。
 午前中、家人一人で車を運転して買い物に出かける。家にいて心配するくらいなら一緒に行けばよかった、と思う。

 手術後3日。新聞の文字を補助用具なしに読むことができる。

 一日4回の点薬が甚だ面倒だ。

 寒さに耐えて、早々に布団に潜り込む。

◎ 偶然と必然ーー時間の推移での変化。
◎ 枕上にて永井荷風をなかなか思い出せず。蓮からようやく荷風が出てくる。ボケもかなり進んでいるということか。