五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

『腱鞘炎』、快方に向かう

2021年1月17日
日曜日
はれ

 家人の『腱鞘炎』、快方に向かう。
 しみじみ思うのだけれど、日常が日常として送れるのがいかに幸せであるか。

 取ってつけたような感想だなあ。


 動物学的に考えると人間だって自己のコピーを作成して命を終えるようにできている。が、意識をもった個人として考えると自己が消えることが不思議となる。