五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

「寒い寒い日なりき」

2017年11月20日 月曜日 ゆき くもり

午前6時、起床。寒さが身に染みる。窓から外を見たら家々の屋根に雪が積もっていた。中原中也の「冬の長門峡」の「寒い寒い日なりき」が口をついて出るーとつい書いたが、老生、音声を失っているのだということに気が付いた。

// 冬の長門峡

長門峡(ちょうもんきょう)に、水は流れてありにけり。 寒い寒い日なりき。

われは料亭にありぬ。 酒酌(く)みてありぬ。

われのほか別に、 客とてもなかりけり。

水は、恰(あたか)も魂あるものの如(ごと)く、 流れ流れてありにけり。

やがても密柑(みかん)の如き夕陽、 欄干(らんかん)にこぼれたり。

ああ! ――そのような時もありき、 寒い寒い 日なりき。 //

 10時、買い物でサティまで。 老生は本屋を物色。何も買わず。

今日も「日馬富士貴乃花」でテレビはにぎわう。 明日も雪だと予報は言う。