五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

ドコモで契約を見直す

2918年8月27日 月曜日 はれ

最高気温が25度。

「犯罪を犯したため」とNHKの昼のニュースで。

いにしえの昔の武士の侍が、馬から落ちて落馬して、女の婦人に笑われて、赤い顔して赤面し、家に帰って帰宅して、自分の妻の細君に、遺書を書いて書き置きし、仏の前の仏前で小さな刀の短刀で、腹を切って切腹した。 じゅう‐げん【重言】ヂユウ‥①(ジュウゴンとも) 同意の語を重ねた言い方。「豌豆豆(えんどうまめ)」「電車に乗車する」の類。 ②同字を重ねた熟語。「悠悠」「滔滔」の類。畳語。 (広辞苑4)

午前中、茨島のマックスバリュで買い物。 老生、マックでアイスコーヒーを飲みながら、ウォークマンでジャズを聴く。

午後2時。大町のドコモへ。 家人が料金の見直しにいくというので、ついでにわがタブレットも見直したいと要望。結果、小さいタブレットにすることになった。それでも毎月の支払いが4千円近く安くなる見通し。