五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

老犬もつい洩らしたり二月尽

2018年2月28日 水曜日 はれ

春のような光がリビングに入ってくる。 二月尽という言葉を思い出す。 ものの本では「二月の終わること。しだいに日が長くなり、寒さが緩んでくるころ」としているが、ほんとに日が長くなったし、夜中に起きてもあまり冷たさを感じなくなってきた。 そうなんだ、明日から三月。春になるんだよなあ。

朝、家人のVERを叱る声で起きだす。エレベーターの中でおしっこをしたという。

「老犬もつい洩らしたり二月尽」、というところか。

ところでVERがわが家に来て13年の記念日。彼女も人間の歳でいうと74歳だそうだ。老いてオモラシするのもムベなるかな

午後、天気がいいので、家人、外出をそそのかすが、拝辞する。

「あきた歳時記」は「かまくら」「梵天」など。例句の多さに辟易する。

テレビ「相棒」を観ているうち眠くなりベッドへ。