五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

大腸検査は異状なし


2018年11月22日
木曜日
あめ くもり

 午前8時半、秋大病院へ出発。
 昨晩9時、下剤を飲んで寝たら明け方から3回ほど便所へ行く。
 腸のものが遠慮なく出てくる。ある意味で爽快さを感じる。

 内視鏡の受け付け。
 午前9時半から一室で7人が説明を受け、それぞれ下剤を受け取る。
 午前中かけて飲みながらトイレ通い。
 午後1時半から順次呼び出されていくが、老生は最終の3時すぎだった。
 検査は順調、モニターを見ながらわが腹の襞襞を観賞した。
 この内視鏡の扱いというのは本当に技術の差が激しい。いつぞや受けた時は途中で内視鏡が止まってしまい、別の医師に交代するということがあった。
 検査が終わったその場所で医師から異常なしを告げられる。

 一つ山を越えたというところか。