五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

入院は21日にしましょう

2022年2月15日
火曜日
くもり

 午前10時半、秋田大学医学部付属病院へ。行きは老生が運転。午前中は循環器内科。血液検査、レントゲンの結果、顔黒の医師は

 ① レントゲンをみても水が減っているとは見えない。
 ② 心臓由来の肺の水とは言えない。
 ③よって呼吸器内科の方の先生と相談してください。

 昼は食堂で家人は鍋焼きうどん、老生はコーンポタージュを食す。

 午後の呼吸器内科。

 ① 肺の水を採取して検査してみましょう。
 ② そのためには入院してもらいます。
 ③ 入院するためにはPCR検査を18日に受けていただきます。
 ④ 入院は21日にしましょう。

 以上。

 帰宅は午後3時すぎだった。

 

「檄を飛ばす」が正しいのだが、朝日モーニングショウでは「激」が使われていた。ら抜きには話者がらを抜くと補填して表記しているが、意外やほかの文字には変なのも多い。