五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

サティ前庭のハナツバキは満開

2022年7月1日
金曜日
くもり あめ

 午前中、サティ、ツルハ。霧雨が降っていた。
 サティ前庭のハナツバキは満開。白い花弁が目に染み、枯れてきている心に霧のように染みる。
 
 ツルハでは車の中で家人を待っていたのだが、店前に止めた自転車の買い物かごをしきりにカラスが突っついていた。中の『何か』を取り出そうとして、側を通りかかる買い物客など眼中に無いかのようだっった。

何かを取り出そうとする不敵なカラス



 帰宅してタンの取り出し。ようやく間に合ったという感じ。
 



 「またたちかへる水無月の」から文月へ。

 隣家のオタキサンはもう少しで開花。