五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

ゼンマイもって割山へ

2018年4月25日 水曜日 くもり あめ

「盛ったりまけたり」ということを何回もやった結果、それを止めてしまった。つまり、パソコンでエディターを入れたり出したりしたということ。

ところでこの「もったりまけたり」は秋田の方言なのだろうか。 調べたら「秋田の方言」として

/* 話を何度もひっくり返す。 あえだばもったりまげだりで、どれほんとだがわがらね (あいつは話がころころ変わって、どれが本当だかわからない) ※ 「盛ったり撒けたり」から。 */

と載っていた。

夜中に起きていたらVERがのそのそと起きてきた。わがソファに上げろと要求。占領してしまった。

メイコ(姪の子ども)が英会話の勉強したいというので、母親の姪の「どこかいいとこないか」との要請を受け、家人はあちこちに電話。 ボンデンマル女史の旦那がどうかと活動を始める。 夕方、そのボンデンマル女史が来宅。 ゼンマイを持参。 このゼンマイなる名詞を思い出すのに時間がかかった。 我老いたり。

そのゼンマイを持って割山の義兄宅を訪問。VERを連れて行く。 花見に一緒に行こうということで、家人と義兄夫婦が話していた。 帽子を忘れて帰宅。 我老いたり。

巨人、中日に対し珍しく二けた得点の大勝。