五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

給湯器の修理終わる

2018年4月28日 土曜日 はれ

高校同期会の会費納入の通知くる。 振込用紙を家人に委託。

午後1時すぎ、給湯器修理の職人やってくる。およそ2時間かかる。 家人はお湯が出たことにいたく感激。料金5万数千円なり。

角間川の義姉から賴まれたということで、中央郵便局の向かいにある中古物品を扱う商店へ。物品はなく、その旨を角間川に伝えるという。

そのままVERを三角沼で遊ばせる。 昨日のアオサギだろう、運河で波にもまれて岸にくる魚を狙っていた。隣にはウミネコも。写真撮る。

割山から連絡あり、明日は午前9時半に迎えにくるそうだ。