五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

ギャッと叫んでろくろ首

2017年02月05日 日曜日 はれ くもり

午前8時、起きだす。 どういうわけか目覚めは物悲しく、サッとベッドを降りるというわけにはいかなかった。 霧掛け・痰取り。

食後、再びベッドへ。11時ごろ、ようやく巣を抜けだす。

正午からNHK囲碁井山裕太棋聖河野臨9段。井山棋聖が2目半勝ち。 お互いに大きな地を囲い合い、捨てるところは捨て、取るところは取った結果が2目半である。 素人には大変面白い碁であった。

碁に夢中になっている間に、アツコ女史、ご主人と一緒に来宅。預かっているソファを直していった。家人がどっかと座ってテレビを観ている。

夕食後、またまた眠くなりベッドへ。 これはなんか変だ、と思いながらもウツラウツラ。

《ギャッと叫んでろくろ首》という文句を思い出した。 遠藤周作吉行淳之介かが過去の恥ずかしい場面を思い出した時の唱えごとだというのを、何かの本で読んで覚えていた。 ウツラウツラの世界で夢を見て、《ギャッと叫んでろくろ首》が出てきたのであった。

昨年の今日は「食道がん」の内視鏡手術をしたんだっけ。肉体を切り張りするという初の体験であった。