五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

久しぶりに本とCDの衝動買い

2022年5月30日
月曜日
はれ

 午前中、精米のため茨島の生協へ。
 途中、茨島モールの本屋へ寄り、Cプログラムの本を衝動的に購入。
 帰りはサティに寄り、今度はCDを衝動買い。ベートーベンの7・8番。ベルリン・フィルの演奏で指揮はアバドという人。

 
 //
 クラウディオ・アバド(またはアッバード、Claudio Abbado[1], 1933年6月26日 - 2014年1月20日)は、イタリア・ミラノ出身の指揮者。 
 1990年、マゼールなど他に様々な有力指揮者らの名前が挙がった中、カラヤンの後任として選出されベルリン・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督に就任し、名実共に現代最高の指揮者としての地位を確立した。ベルリン・フィルとの組み合わせでの初来日は1992年(同行ソリストムローヴァブレンデル)。同芸術監督には2002年まで在任した。アバド時代のベルリン・フィルについて、アバドの音楽的功績や指導力については評価は様々である。在任年間のベルリン・フィルとの録音として、ベートーヴェン交響曲全集(2回目・3回目)や、ヴェルディのレクイエム、マーラーの第3番、第5番、第8番、第9番[3]、ワーグナー管弦楽曲集、などがある。現代音楽もいくつか録音されている。 
 //
 

 


 午後はUBUNTUの手直し。
 CDを早速聴く。