五柳庵の残日録

存命の喜び、日々に樂しまざらんや

五柳庵の残日録

おそるべき君等の乳房夏来る

2018年7月1日 日曜日 はれ 最高気温31度。 ほんとの夏がやってきた。 夏と言えば西東三鬼の「おそるべき君等の乳房夏来る」。 解説によると昭和二十年から二十二年までの作品らしい。 中学生時代、バレーボール部の女子選手に確かに「おそるべき乳房…

駅前市場の前の八百屋

2018年6月30日 土曜日 はれ 午前中、駅前市場の前の八百屋。 茨島のモール。老生、加賀谷書店で家人の買い物終わるのを待つ。 雨が降る。 昼寝。 午後3時、VERを連れ、三角沼。グラウンドゴルフをやっている人一人と犬の散歩の人。 どういうわけ…

雨催い。これ「あまもよい」

2018年6月27日 水曜日 あめ 雨催い。これ「あまもよい」で「あめもよい」ではない。 またまた洪水注意報か。 終日在宅。

白いムクドリを見つける

2018年6月26日 火曜日 くもり 午前中、ドン・キホーテへ連れて行けと言われて出る。 午後3時すぎ、三角沼へ。 秋田大橋の下流、中州にウミネコが無慮数百羽。中に黒い鳥がいるので写真を撮る。多分、カワウ(川にいたから)。 さらに川原にはムクド…

寺町のザクロの花満開

2018年6月25日 月曜日 はれ 朝食後、寝不足で再びベッドへ。 午前10時半、茨島のモールへ。家人、マックスバリュで買い物をしている間に100円ショップを覗き、懐中電灯とマウスパッドを購入。 ずーっと歩いてホームセンターのところまできたとき…

草生津川の土手を散歩

2018年6月24日 日曜日 はれ ワールド・サッカーで勝つかどうか、朝からテレビは盛り上がっている。出てくる人間、はっきりと「日本は負ける」と言いにくいのだろう。口を濁す人もいる。 午後、高清水公園まで行く。寺内を通り草生津川土手を散歩。V…

天王の「くらら」までドライブ

2018年6月23日 土曜日 はれ 午前、どこかへ行くかと車を出す。 天王の「くらら」までVERを連れて行く。広場を散歩して帰宅。 パソコンに向かい、徒労感を味わう。 咽喉に吹き出物のようなもの。 いったい何だろう。

大町の飲食店ビルにドバト

2018年6月22日 金曜日 はれ 朝、買い物に出かける時、大町の飲食店ビルの屋上に鳥が飛んで行った。 気になって双眼鏡を取りに戻ってみてみたら、何のことはないドバトだった。 数年前にはチョウゲンボウが川反のビルに巣を作って繁殖していた。最近は…

ついにデュアルブートに成功

2018年6月21日 木曜日 はれ 午前8時15分、出発。老生運転。駐車場もスムーズ。 同8時45分、診察。聴診器、問診。この間、5分かかったかどうか。 次回は3か月後。 帰りに「いとく」に寄る。車の中で待機。 帰宅して先日来失敗し続けているデュ…

マナコが活字細かいと文句

2018年6月20日 水曜日 はれ くもり ワールドサッカー、昨日からの続き。お祭り騒ぎ。 朝寝、昼寝、夕寝。 合間にパソコンゲーム。肩が凝る。 本を読もうと思うが、マナコが活字が細かいと文句を言う。 ほんとに目が悪くなったなあ。 咽喉と食道の調子…

ヒバリの大食漢をパチリ

2018年6月19日 火曜日 はれ 最高気温が29度。 しかしそんなに暑さは感じなかった。 午前中、サティへ。気にかかっていた「soultran」を購入。 久しぶりに「僕僕先生」の「恋せよ魂魄」(仁木英之・新潮文庫)を購入。 夜、サッカーのワール…

飯がのどに「つっかえる」

2018年6月18日 月曜日 はれ 「上海」で遊びすぎたせいか、首が回らない。 朝の「ラオ通し」で出血あり。吸引したものを見るとかなりの量に見える。 家人、不安を表明するに「おら、おっかねえ」。 それ以上に当人は不安なのだ、と言おうとしたが書く…

VERを連れて小泉潟公園まで

2018年6月17日 日曜日 はれ サッカーのワールドカップが始まった、とテレビはサッカー一色。 午前中、UBUNTUのデュアルブートを試みるが、ブート自体がうまくいかない。mbrの修復など昔やったことを思い出す。 もうそろそろ馬鹿なことはやめ…

ヴァーチャルボックスの導入

2018年6月16日 土曜日 くもり 最高が20度。朝方、蒲団を出してもらう。 午前中、ドン・キホーテ。CD売り場のジャズ棚が縮小され、食指の動くものがなくなった。 午後はヴァーチャルボックスのUBUNTUのやり直し。

ゲーム「上海」で肩が凝る

2018年6月15日 金曜日 はれ 午前中、東通のガソリンスタンド。 サティへ回る。本屋をぶらぶら。 久しぶりに晴れて最高気温が22度まで回復したが、それでもシャツの上に何か羽織らなければうすら寒い。 パソコンゲームの「上海」をやって過ごす。お…

桜桃を角間川まで運ぶ

2018年6月14日 木曜日 くもり 昨日同様、寒い。 午前中に山形の天童からサクランボが届く。 家人に命じられて角間川まで。 行きは初めて身障者用の割引をありがたく使わせてもらう。 昼食を食べて、昼寝をして帰宅。 (まあ、家人んに対しての日ごろ…

梅雨寒、最高が16度

2018年6月13日 水曜日 くもり 最高気温が16度。寒い。 せっかく買ってきたのだからとubuntu18.04をCDのまま起動してみた。そのままだからどこが変わったのかわからないが、「上海」というゲーム、ちょっと遊んでみた。それほどギクシ…

「日経LINUX」7月号を購入

2018年6月12日 火曜日 くもり 最高気温18度。梅雨寒か。 サティへ行く。本屋で「日経LINUX」を購入。UBUNTUのLTS18.04が入っているもの。いずれバージョンアップしなければと思って購入した。中身を見てがっかり。ひところのよ…

「あきた歳時記」のデジ化完成

2018年6月11日 月曜日 くもり あめ 仙台管区気象台は11日、秋田県を含む東北北部が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より3日、昨年より20日早い。 「あきた歳時記」。最後の「略歴・奥付」を作って完成。 永いESSAIであった。 あとは…

角間川の義姉一族訪ねくる

2018年6月10日 月曜日 はれ くもり 時の記念日。「漏刻を新しき台に置く。始めて候時を打つ。鐘鼓を動す」。 「歳時記索引」は『は行』まで。 夕方、角間川の義姉、その娘、その孫(メイコ)訪ねくる。ちょうどVERの散歩に行こうとしていたところ…

東通の「ジェイエー」で買い物

2018年6月9日 土曜日 はれ 午前中、東通の「ジェイエー」まで買い物。 帰りに金足線を広面から秋高脇を通り手形から駅東口へと探検。町の変わりようを実感する。 午後3時すぎ、VERを連れて三角沼へ。休み休み一周する。今日はカッコウ、声もせず。…

割山へ味噌を屆ける

2018年6月8日 金曜日 くもり 午前中、「あきた歳時記」の索引。これまた目が悪くなったせいで作業能率が上がらない。肩がバンバンに凝る。 夕方、湯沢の味噌がアツコ女史から届いたので割山の義兄宅へ届ける。帰りに家人が上着を忘れ、取りに戻る。三…

シャクヤクは《かれん》ですか

2018年6月7日 木曜日 はれ 言葉って人によって感じ方が違うもんだ。 芍薬という花、老生の感覚ではとても「かれん」とは表現できない。むしろ妖艶とか華麗とかいう形容がぴったりくる。 ところがーーーー。 秋田魁新報県南版(7日付)。 /* 「シャク…

ノバラは仔牛の恋

2018年6月6日 水曜日 はれ 暖かくなったものだ。ベッドの上掛けも夏物になった。 夜中に起きても靴下をはかなくても済む。 午前10時。ドン・キホーテへ。家人はVERの餌やフン袋など購入。 100円ショップを覗く。玩具類も売っている。「星座表…

『季語索引』をコツコツと

2018年6月5日 火曜日 はれ 多大な時間と労力をかけて使ってきたemacsの使用を一時遠慮することにした。というのもある日突然、日本語変換がおかしくなったからである。起動して一度動かさなければ《言うこと》をきかないなどという不埒な現象が起…

「STUDY IN BROWN」購入

2018年6月4日 月曜日 はれ 昨日、書き忘れたが囲碁の本因坊戦、パソコンをつけっ放しで観戦。井山大先生の中押し勝ち。相手を追い詰めていく迫力というのが並大抵ではない、と感じ入った次第。 午前中、家人が髪を切るというので「サティ」へ。150…

オオヨシキリの真っ赤な口

2018年6月3日 日曜日 はれ 秋田魁新報に次のような記事。 / 訂正 2日付28面、人口動態統計関連記事で、第3期ふるさとあきた元気創造プランで設定した出生目標が「6100人」とあるのは「6千人」の誤りでした。 / どうして間違ったのか、なんか…

姪とメイコがやってきて

2018年6月2日 土曜日 はれ 午前中、茨島のマックスバリュ。 加賀谷書店まで歩く。ABSの送信塔の周りをフェンス沿いに《雑草》を見ながらいく。 書店内を下駄を履いて歩いている男性。 珍しい。 どうせだったら着流しだったらよかったのに。 老生の…

終日在宅、季語の索引

2018年6月1日 金曜日 くもり 終日在宅。 衣替えだそうだが、肌寒い。 軽く考えていたが、「季語索引」はなかなか手間取りそうだ。 主題たる季語だけではなく、わきの季語も索引に入ってくるのだから、リンクを張るには元の季語に當たらなければならな…

権力と追従の連鎖

2018年5月31日 木曜日 くもり 午前中、駅前まで柑橘類を買いに行く。VERを連れて行く。 帰りに千秋公園。暖かく気持ちのいい散歩。 「胡月池」にカルガモの親子が泳いでいた。 そのカモ目がけて小石を盛んに投げている小学生。そばにいる大人はま…